仕事辞めたい… | 薬をやめるタイミングとやめかたについて

薬をやめるタイミングとやめかたについて

スポンサーリンク

 

精神科に行くと、たくさんの薬を処方されます。
毎日朝昼晩と、こんなに飲んでも大丈夫かと
思うかもしれませんが、
そんなに重大な副作用があるものはないので
心配することはありません。

 

 

向精神薬の副作用と言うのは、
喉の渇き、頭痛、倦怠感、眠気、吐き気、むかつき、
生理不順、性欲減退などですが、
どれも命を落とすようなものではありません。

 

 

しかし、うつ病は一つ間違えば
命を落としかねない病気なのです。

まずは、うつ病を治すことが何より大事なのです。

 

 

副作用も、飲み続けて慣れてくれば
じょじょになくなりますし、
最終的に病気が治れば、
薬をやめることができるのです。
ですから、しっかりと医師が処方した薬を
医師の指示通りの量で飲み続けること
が大切です。

 

 

ただし、放っておくと医師は
いつまでも薬を出し続ける可能性もあります。

 

 

このあたりは医師の考え方にもよりますが、
やはり医師にとってはあなたは「お客」ですし
医師は薬を出すことで収益を得ます。

 

 

ですから、自分で良くなってきたと思う段階で
一度医師に、薬を減らす旨を相談しても
いいと思います。
基本的に、医師から減薬を進められることは
あまりありません。

 

 

自分の中で、

 

「そろそろ薬を止めたいなあ。」
「止めても大丈夫かも。」

 

と感じてきたり、
薬を飲むことに嫌悪感を感じるようになれば
薬を中止するタイミングです。

 

 

ただ、いざ薬の服用を止めるときは、
一気に止めないほうがいいです。
反跳作用といって、
病気をぶり返してしまう原因にもなりますので、
あくまで医師の指示の下で
少しずつ量を減らしていくようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ