仕事辞めたい… | 薬はかならず服用させるようにしましょう

必ず医師の指示通りに薬を飲ませましょう

スポンサーリンク

 

抗うつ薬を処方された時は、
家族も服用回数を把握して
きちんと医師の指示通りにのんでいるか
チェックしてあげましょう。

 

 

もし、本人の意志では
薬を飲まなくなりそうなら
家族が薬を管理して、
毎回必要量を手渡して
きちんと飲むところを確認しましょう。

 

 

人によっては、副作用を嫌がったり、
回復したと思いこんだり、
病気と認めたくない気持ちから
勝手に薬の服用をやめてしまう
場合があります。

 

 

しかし、薬を中断すると、
再開する際にはまた少ない量から
やり直さないといけなくなります。

それは、時間と手間と費用の無駄です。

 

 

うつ病の治療の基本は、薬物治療です。
医師は患者さんの症状の経過を見ながら
適切な種類、量の抗うつ薬を処方します。

 

 

そして、どの程度の効果や副作用が現れているかは
診察時に確認しようとします。
ですから、家族からの情報が
おおきな手がかりになります。

 

 

ですから、診察に付き添う場合は
薬を飲み始めてから度のような変化があったか、
どのような副作用があったかなど
分かる範囲で伝えるようにしてください。

 

 

また、薬の服用について大事なことは、
抗うつ薬というのは、即効性はありません。
ですから、うつ病の人が自分の判断で
薬をやめてしまうこともありますし、
飲んでいても、不安に思っている場合があります。

 

 

そんなときに、あなたから
「薬を飲んでるのに、良くならないね。」
などといったことを言うと
余計に不安になり、動揺させてしまいます。
ですから、そのようなことは
決してうつ病の人の前では言わないでください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ