仕事辞めたい… | 自殺のサインを見逃さないでください

自殺をほのめかしたらすぐに対処しましょう

スポンサーリンク

 

うつ病の人が

 

「生きていても迷惑をかけるだけだ。」

 

といったことを口にしたら
かなり思いつめているサインです。
すぐに時間をとって話し合って、
自殺を思いとどまるように説得しましょう。

 

 

死をほのめかす時と言うのは、
絶望的になっている反面、
あなたの支えを求めています。
決してはぐらかしたり
安易に励ましたりせずに
真剣に話を聞いてあげてください。

 

 

また、

 

「あなたが生きてくれていてうれしい。」
「あなたがいることが家族の幸せ。」

 

ということを、
気持ちを込めて話してあげてください。
ときには、

 

「あなたが死んだらかえって迷惑だ。」
「残された私たちは一生悔み続ける。」

 

などと、強く言って聞かせることも必要です。

 

 

うつ病患者と言うのは、少なからず
自殺について考えています。
特に発病初期と治りかけの回復期には
注意が必要です。

 

 

自殺をさせない工夫として、
掃除をするついでに、睡眠薬をため込んでいたり
刃物やロープ、遺書を隠し持っていいないか
確認してあげることが有効です。

 

 

飛び降りないように、
マンションなどの高層階に住んでいる場合は
ベランダに面していない部屋を寝室にすることも
大切です。

 

 

また普段から、自殺に関するニュースを
目に触れさせないことや、
自殺した人の話題を出さないことも
心がける必要があります。

 

 

それでも、家族だけで自殺を防ぐのは
困難と判断した場合は、
医師に相談して、入院の措置をとりましょう。
本人が嫌がっていても、
医療保護として強制的に入院させることもできます。

 

 

これはあくまで最終手段ですが、
一応、選択肢の一つとして覚えておいてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ