仕事辞めたい… | 絶対に自殺をしてはいけません

生きているのがつらいと感じるのは病気の生です

スポンサーリンク

 

いつもは誰よりも責任感が強く、
頑張り屋の人が、仕事に行けなかったり
家事がまったくできないという状態になれば
本人にとってはものすごく苦痛を感じると思います。

 

 

しかし、うつ病の治療がすすめば
以前の自分に戻ることは可能
です。
今、何もできないのはうつ病と言う病気のせいであり、
多少時間がかかるかもしれませんが、
必ず良くなります。

 

 

もし、
「自分が生きていたら周りの人に迷惑がかかる。」
と思っているようなら、
それはとんでもない勘違いです。

 

 

もしあなたが命を絶ったりしたら、
あなたのご家族や友人たちは
どんなに悲しむでしょうか。
そんな家族や友人が途方に暮れるようなことを
あなたはしても平気なのでしょうか?

 

 

あなたが身勝手に命を絶つことで、
あなたの大切な家族や友人の人生を
狂わせてしまうことも十分あり得ます。
どんなに罪深いことか計り知れません。

 

 

自殺する人に共通する心理は、
「強い孤独感」です。
うつ病は、重症化するにつれて孤独感が強まり
死ぬことばかり考えるようになります。
しかしその一方で
「助けてほしい」という気持ちも持っていると思います。

 

 

この先どうなるだろうという不安がある時は
だれかにその気持ちを打ち明けましょう。
話を聞いてもらうだけでもいくらか楽になります。

 

 

そして、うつ病が治れば

 

「なぜあの時、あんなに死にたいと思ったのだろう。」

 

と不思議に感じるものです。
本当です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ