仕事辞めたい… | うつ病を治す第一歩は病気であると認識することです

自分が「うつ病」であるという自覚を持ちましょう

スポンサーリンク

 

うつ病と診断されたなら、
自分が病気であることを素直に理解して
治療が必要な状態であることを認識しましょう。

 

 

うつ病の治療を行う上で、
まずはあなたが病気を治そうという意志を持たないと
主治医や家族との連携がとれません。
早く治療に専念して、早くよくなりましょう。

 

 

中には、うつ病と診断されたことを
家族や周囲の人にひた隠しにする人もいます。
やはり、自分が心の病気であることを
知られたくない気持ちがあるのでしょう。

 

 

病気を隠しとおすストレスは
よけいうつ病の症状を悪化させます。

病気の原因になっている
生活環境や人間関係を改善することも
難しくなっていきます。

 

 

もし、あなたが家族やまわりの人に
うつ病であることを打ち明けずに仕事をしていたら
仕事や家事の能率が落ちたあなたを見え

 

「怠けている」
「やる気がない」

 

などと、冷たい目を向けられてしまいます。
そして、かえって人間関係が
ぎくしゃくしてしまうこともあるでしょう。
そうなると、余計にうつ病の症状が
重くなってしまいかねません。

 

 

逆に、医師からうつ病と診断されたことを
はっきりと打ち明けておけば
上記のような誤解を未然に防ぐことができます。

 

 

うつ病はすでに、社会的に認知された病気であり、
精神科に訪れることに対する社会の目も
だいぶ変わってきています。

 

「ずっと調子悪いと思っていたら、うつ病だったよ」

 

とあっさり公言したほうが
あなたも周りの人も楽になると思いますし、
そのほうが回復も早いはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ