仕事辞めたい… | うつ病になったことを恥ずかしがらないでください

うつ病になったことは恥ずかしいことではありません

スポンサーリンク

 

うつ病という病気は、
最近は雑誌やテレビなどでも頻繁に特集されていますし、
有名芸能人もかかって休業したこともあって
最近は認知度や社会的な理解が深まってきています。

 

 

しかし、いざ自分の身にその兆候が現れたとき
なかなか自分が「心の病」であるとは
認めたくない気持ちもあります。

 

 

しかし、うつ病と言うのは誰でもかかる可能性があり、
そんな風に心を病んでしまったのは
これまで真面目に生きてきた証拠です。
決して恥ずかしいことではありません。

 

 

そして、専門医のもとで適切な治療を行えば
うつ病は確実によくなります。
ですから、心療内科や精神科を受診することを
ためらわないでください。

 

 

また状況によっては、あなたのまわりの
医学の知識をそんなに持たない人が

 

「うつ病は一生治らない」
「生まれつきの性格が関係しているから治せない」

 

などといい加減なことを言うかもしれませんが
無視していただいて結構です。
うつ病は病気であり、
病気だからこそ、治療すれば治るのです。

 

 

医者から「うつ病」という診断をもらうことでも
落ち込んでしまうかもしれません。
しかし、あなたがうつ病になったのは、
「これ以上はストレスをためてはいけない」
という心の反応です。

 

 

もし受診しないでほっておいたら
状態はどんどん悪化していたことでしょう。
もしかしたら、命を落としていたかもしれません。
その前にあなたは気づけて、対処できたのです。
そこは自分をほめてあげてください。

 

 

むしろ、診断がついたことは幸いです。
これを気に、専門的な治療を受けて、
しっかり心身を回復させてください。
そして、うつ病になった経験を
今後の人生にうまく生かしていきましょう。

 

 

今は難しいかもしれませんが、
ぜひ前向きな気持ちで生きていきましょう。
間違っても、極端な選択をしないように。
今はとてもそう思えないかもしれませんが、
現在の自分を笑顔で思い出せる日が
いつか必ずやってきます。

その日まで、どうか生きていてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ