仕事辞めたい… | 更年期うつ病って何?

ホルモンが変調し心を乱す「更年期うつ病」

スポンサーリンク

 

更年期とは、閉経をはさむ
45〜55歳くらいまでの10年間を言います。
この時期は、女性ホルモンが急激に減少し、
さまざまな体の不調が起こります。
これを更年期障害と言います。

 

 

更年期障害には、肩こり、頭痛、
のぼせ、動機などが主な症状ですが、
憂うつ感や意欲の低下を引き起こすこともあり、
それがうつ病を引き起こすこともあります。

 

 

また、40代半ばからの10年間というのは
子どもの受験や就職、
独立などを迎えるころですので、
受験生を抱えるストレスや、
子どもが自立して離れていく孤独感のストレスなども
受ける時期ではあります。

 

 

さらに、自分の親は老年期に入りますから、
病気になったり、介護が必要になることもあり、
そうした心労が重なって
精神的に不安定になってしまい、
うつ症状が出てしまうのです。

 

 

女性が閉経を迎えると、
どうしても「老い」を自覚させられ、
大きなショックを受けてしまいがちですが、
閉経したからと言って
女性としての魅力が損なわれるわけではありません。

 

 

また、子供が手を離れるというのは
自由な時間が増えるということでもあります。
介護が大変なら、国や地方公共団体の
支援制度を利用できることもあるでしょう。

 

 

老いに向かっているというよりも
人生の新しいステージに立ったと思って
必要以上にふさぎ込んだりしないことが大事だと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ