仕事辞めたい… | 配置換え・転勤うつ病って何?

ビジネスマンに多発!「配置換え・転勤うつ病」

スポンサーリンク

 

ビジネスマンに多いうつ病の種類で
「配置換え・転勤うつ病」という症状が
増えているそうです。

 

 

たとえば、長年営業職で成績を上げてきた人が、
未経験の管理部門に配置換えされた時などに
大きなストレスを感じてうつ状態になることがあります。

 

 

もちろん、本人は新しいポストで
心機一転、頑張ろうとするのですが、
その中でミスをしたりすると、
自分に能力がないのでは…と落ち込んでしまい、
自信を失います。

 

 

そして最終的には、自分自身を
会社にとって必要のない人間
のように思ってしまうという
負の連鎖におちいってしまいます。

 

 

また転勤をすると、職場が変わるだけでなく、
住居などの生活環境が一変してしまいますから
これでストレスを感じてうつ状態になる人もいます。

 

 

こういったうつ病を発症する人は、プライドが高く、
自分の置かれた立場・状況に
不満を感じてしまう人が多いです。
新しい仕事、職場で自分の能力が
十分に発揮できず、会社の中で格が落ちた
勝手に思い込んでしまうのです。

 

 

逆に、気に入らない部署に配置転換されたり、
転勤を申付けられても、
「まぁ仕方ないか。」
という気分で仕事をする人は
さほど落ち込んだりはしません。

 

 

「前の職場のように能力を十分に発揮できなくても
そこそこの仕事をこなせればいいか。」

と割り切れる人は、うつ病になりませんし、
なったとしてもすぐに解放されます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

仕事辞めたい…私のうつ病克服体験記 トップページへ