仕事辞めたい… | 嫌いな仕事を我慢して続けていたらうつ病になった私の体験談サイトです

家族が意識すること記事一覧

医療機関の受診をすすめる

ここからは、家族がうつ病にかかったときにどのようにサポートしてあげればよいかをご紹介します。あなたのご家族や身内の方が「うつ病かな?」と思っていらっしゃるならぜひご参考になさってください。病気であることに気づかせて受診をすすめてくださいたいていのうつ病の人は、とても不安でつらい状況ですが周囲の人に苦...

≫続きを読む

 

適度に距離をおいて接する

うつ病の治療期間にはいったら、十分に休める環境をつくったり薬をしっかりと服用させたり聞き役にまわってあげたりしてつらい気持ちを支えてあげる必要があります。もちろん、そういった役回りは家族にも負担がかかります。家族が常に神経を張りつめていては疲れ切ってしまいます。ですから、何でもかんでも世話をしてあげ...

≫続きを読む

 

なるべく刺激を与えない

うつ病の人は、家に引きこもりがちになります。それは、他人との接触することが重荷に感じるからです。家族としては気分転換に外に連れ出したい気持ちはあるかもしれませんが、うつ状態の人は、普段なら楽しい外出が疲れるばかりで、全然たのしむことができません。逆に、疲労感が増して回復を遅らせることもあります。です...

≫続きを読む

 

自殺をさせない

うつ病の人が「生きていても迷惑をかけるだけだ。」といったことを口にしたらかなり思いつめているサインです。すぐに時間をとって話し合って、自殺を思いとどまるように説得しましょう。死をほのめかす時と言うのは、絶望的になっている反面、あなたの支えを求めています。決してはぐらかしたり安易に励ましたりせずに真剣...

≫続きを読む

 

薬をかならず飲ませる

抗うつ薬を処方された時は、家族も服用回数を把握してきちんと医師の指示通りにのんでいるかチェックしてあげましょう。もし、本人の意志では薬を飲まなくなりそうなら家族が薬を管理して、毎回必要量を手渡してきちんと飲むところを確認しましょう。人によっては、副作用を嫌がったり、回復したと思いこんだり、病気と認め...

≫続きを読む

 

治りかけに注意する

抗うつ薬による治療が進むと疲労感が少しずつとれてきて、食欲も出てきます。よく眠れるようにもなりますし、外出することに意欲を見せることもあると思います。しかし、こういった回復期は身体面が活動的になっても精神的には不安定です。うつ病の治療は、最後まで気を抜いては行けません。回復期は体が自由に動くだけに自...

≫続きを読む