仕事辞めたい… | 嫌いな仕事を我慢して続けていたらうつ病になった私の体験談サイトです

うつ病について理解する記事一覧

うつ病とはどんな病気?

誰でも気分の浮き沈みはあり、どんな人でも一度や二度は仕事や勉強や恋愛やスポーツなどでスランプにおちいった経験はあると思います。また、家族や友人との死別などの大きな出来事に遭遇することもあります。そんな時には、ゆううつになったり気分が落ち込んで何もやる気が起きないという状態になってしまうこともあると思...

≫続きを読む

 

うつは「心の風邪」か?

よくうつ病のことを心の風邪と表現しますが、どうも私はこれはしっくりきません。というのも、うつ病は風邪のように短期間で治ることはないからです。だいたい風邪をひくと、2〜3日か長くても1週間くらいで症状は治まるでしょう。しかし、うつ病は1度かかってしまうと数か月から数年と長い時間をかけて治療していく必要...

≫続きを読む

 

うつ病の症状とは?

うつ病の症状とはどのようなものでしょうか。ここでは「感情」と「思考」の面からご説明します。感情面での症状うつ病の精神症状のうちの感情面について、中心となる症状は「抑うつ気分」です。ゆううつ感イライラ感不安感焦燥感自殺念慮(死にたいと願うこと)といった症状があります。どのような言葉でその時の気持ちを表...

≫続きを読む

 

病気という自覚をもつ

うつ病と診断されたなら、自分が病気であることを素直に理解して治療が必要な状態であることを認識しましょう。うつ病の治療を行う上で、まずはあなたが病気を治そうという意志を持たないと主治医や家族との連携がとれません。早く治療に専念して、早くよくなりましょう。中には、うつ病と診断されたことを家族や周囲の人に...

≫続きを読む

 

とにかく休養をとる

うつ病と診断されたら、とにかく休養をとりましょう。現在の生活の中で、一番つらいと思っていることからしばらく離れてみることが大事です。うつ病になる人と言うのは総じて責任感が強い人が多いのでなかなか自分から休もうとは想わないかもしれませんが、そのまま頑張ってもいつまでも回復はしません。休むことが一番の治...

≫続きを読む

 

あせらず気長に治す

うつ病と言うのは、治療をすれば確実に良くなります。この点に関しては、ぜひ安心してほしいと思います。ただ、脳の働きが元にもどるのには時間がかかります。また、脳の働きを悪化させた環境や人間関係を変えるのにも時間が必要です。うつ病になったら、じっくり腰をすえて時間が解決してくれるのを待つ姿勢が重要になって...

≫続きを読む

 

絶対に自殺をしない

いつもは誰よりも責任感が強く、頑張り屋の人が、仕事に行けなかったり家事がまったくできないという状態になれば本人にとってはものすごく苦痛を感じると思います。しかし、うつ病の治療がすすめば以前の自分に戻ることは可能です。今、何もできないのはうつ病と言う病気のせいであり、多少時間がかかるかもしれませんが、...

≫続きを読む

 

大事な決断はしない

うつ状態のときは、心理的に追い詰められているため思考力も判断力も落ちています。そんなときに、仕事上で大事な決定を迫られたり結婚や、転職や、不動産の売買などの人生を左右するような大きな決断をしても失敗してしまう危険が高いですしそうなったときの、今後の人生への影響は計り知れません。それでも、うつ状態にあ...

≫続きを読む

 

苦手な人は避ける

世の中には、どうしても合わない相手人生観が違う相手と言うのは存在します。もし、うつ病を引き起こした原因が人間関係にあるのなら、治療中は苦手な人、会いたくない人との関係をいったん絶つようにしましょう。そして、「自分にとって本当に大切な存在は誰か?」を考えるようにしましょう。あまりプラスにならないと感じ...

≫続きを読む

 

再発しても焦らない

うつ病は、薬物治療を始めるとかなり症状が改善します。しかし、一気に快方に向かうわけではありません。一般的に、うつ病の人が薬を飲み始めると多くの人は気分が安定します。しかし、しばらく調子が良かったかと思えば再び不眠や落ち込みの症状が現れることがあります。しかしこれは、うつ病の回復のプロセスとしては普通...

≫続きを読む

 

薬を飲み続ける

思うように症状が改善しないと気持ちが焦ってしまい、悪い想像がふくらみがちです。その代表的な症状に、「薬に対する不信感」があります。抗うつ剤と言うのは、脳内の神経伝達物質の量を正常に戻すのが役割です。ですから、飲み続けないと効果が現れません。ですから、仮に症状が消えたとしても神経伝達物質のバランスは不...

≫続きを読む

 

副作用を恐れない

抗うつ剤にはいくつか種類があります。それらを医師が症状に合わせて使い分けるのですが、種類や量によっては、不快な副作用を伴うことがあります。それらについては、医師から説明がありますので、まずは副作用がでても焦らないことが大切です。しかし、無視するのではなく、副作用が出たことと、どんな症状が出たかは必ず...

≫続きを読む

 

うつ病の自分を恥じない

うつ病という病気は、最近は雑誌やテレビなどでも頻繁に特集されていますし、有名芸能人もかかって休業したこともあって最近は認知度や社会的な理解が深まってきています。しかし、いざ自分の身にその兆候が現れたときなかなか自分が「心の病」であるとは認めたくない気持ちもあります。しかし、うつ病と言うのは誰でもかか...

≫続きを読む

 

「死にたい」と感じたら…

この世に絶望してしまい、「生きていても良いことなんかない。」「このような状況なら、死ぬしかない。」という心境におちいったとき人は自殺をするのだと思います。実際に自殺をするには、「痛い」「苦しい」「怖い」「申し訳ない」などの様々な壁に当たることになるのでそう簡単には人は自殺できないようになっているので...

≫続きを読む